秋田県大名菩提寺: てん信寺

  秋田WEB観光案内所(ホーム)大名菩提寺お祭り温泉渓谷宿泊鳥海山:観光・見所

てん信寺
てん信寺
[ 付近地図:秋田市手形 ]
てん信寺 てん信寺 てん信寺 てん信寺
概要・歴史・観光・見所
てん信寺概要: てん信寺の創建は慶長18年(1613)、初代秋田藩主佐竹義宣が父・義重の菩提を弔う為、建立したのが始まりです。義重は戦国時代「鬼・義重」と呼ばれた大名で、戦国時代に伊達氏、北条氏などに囲まれながら佐竹氏の領土拡大に努めその地位を固めました。秋田に国替え後は領内南部の要として六郷城に入りますが、慶長17年(1612)に落馬が元にその生涯を閉じます。当初は楢山にあった天徳寺に埋葬されましたが翌年、てん信寺が寺領200石で建立されると改葬されると、天徳寺傘下の佐竹六寺となり代々の天徳寺住職の養成所として多くの名僧を輩出しました。明治に入ると藩の後ろ盾を失い廃寺となりますが10年後に再興しています。山門の石造りの金剛力士像は元々正洞院にあったもので、手前には保存樹である大きなケヤキが歴史を伝えています。寺宝である十一面観音像は秋田市指定文化財で、境内には義重はじめ、多くの一族や家臣の墓碑があります。久保田三十三観音二番札所。
住宅設計案内

|広沢寺| 玉林寺| 珠林寺| 光禅寺| 永伝寺| 宗老寺| 禅林寺| 大蔵寺| 蔵立寺| 泉秀寺| 高建寺| 慶祥寺| 恵林寺| 天徳寺| 清涼寺|
|白馬寺| 大慈寺| 常光院| 曹渓寺| 満蔵寺| てん信寺| 正洞院跡| 天寧寺| 多宝院| 龍門寺| 永泉寺| 龍源寺| トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。