仙北市角館町: 常光院

  秋田WEB観光案内所(ホーム)大名菩提寺お祭り温泉渓谷宿泊鳥海山:観光・見所

常光院
常光院
[ 付近地図:仙北市角館町 ]・[ 角館町・観光・歴史 ]
常光院 常光院 常光院 常光院
常光院 常光院 常光院 常光院
概要・歴史・観光・見所
常光院(仙北市角館町)概要: 久米山常光院の創建は寛正元年(1460)、佐竹北家の祖とされる佐竹義信が要山玄的を召還し常陸国久慈郡金砂郷村に開山、歴代の菩提寺としたのが始まりとされます。佐竹義信は佐竹家14代当主佐竹義治の4男で、当時の佐竹家宗家の居城である太田城(茨城県常陸太田市)の北方にある久米城の城主だった事から「北殿」と呼ばれるようになり後裔は佐竹北家として宗家の重臣として重きをおきました。慶長5年(1600)の関が原の戦いで佐竹家は東西中立だった為、慶長7年(1602)に久保田藩(出羽国6郡)に移封となり、佐竹北家義廉も宗家に随行し仙北郡長野(大仙市)に配され、常光院も常陸の常光院6世任山良運を招いて開山し寺領100石が安堵されています。承応2年(1653)、角館の領主だった芦名家が断絶すると佐竹北家が角館所預として角館に赴任、しかし、菩提寺である常光院は長野に留まりました。元文4年(1734)に火災により常光院が焼失、これを機に角館移転が検討され明和2年(1765)に本堂が竣工した事で正式に角館西勝楽町に境内を移し寺町を形成しました。戊辰戦争の際、久保田藩は比較的早い段階で奥羽越列藩同盟を離れ新政府軍に与した為、奥羽諸藩と戦う事となり、常光院は戦時病院の役割を担いました。角館戦線では大村藩7名、平戸藩7名、長州藩1名、薩摩藩1名の合計16名が犠牲となり、大村藩を除く9名が常光院の境内に葬られています。現在の本堂はその当時のもので、入母屋、銅板葺、平入、桁行10間、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り縦押縁押え、江戸時代中期の寺院本堂建築の遺構として貴重な事から昭和52年(1977)に仙北市(旧角館町)指定史跡に指定されています。又、秋田三十三観音霊場の12番札所で、境内には戊辰戦争の戦死した官軍墓地や佐竹北家の墓所があります。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦牟尼仏。
住宅設計案内

|広沢寺| 玉林寺| 珠林寺| 光禅寺| 永伝寺| 宗老寺| 禅林寺| 大蔵寺| 蔵立寺| 泉秀寺| 高建寺| 慶祥寺| 恵林寺| 天徳寺| 清涼寺|
|白馬寺| 大慈寺| 常光院| 曹渓寺| 満蔵寺| てん信寺| 正洞院跡| 天寧寺| 多宝院| 龍門寺| 永泉寺| 龍源寺| トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。