秋田県大名菩提寺: 永泉寺

  秋田WEB観光案内所(ホーム)大名菩提寺お祭り温泉渓谷宿泊鳥海山:観光・見所

永泉寺
永泉寺
[ 付近地図: 由利本荘市給人町 ]・[ 由利本荘市フィールドワーク ]
永泉寺 永泉寺 永泉寺 永泉寺
概要・歴史・観光・見所
永泉寺概要: 永泉寺は旧本荘藩主六郷家の菩提寺で寛永16年(1639)に創建され、本荘藩領内の曹洞宗で中心となしてきました。六郷氏は元々、現在の美郷町六郷一帯を支配していましたが、関ヶ原の戦いで東軍に組した功で府中一万石の大名格となり、更に元和9年(1623)二万石で本荘藩に加増されます。(現在、美郷町六郷にある永泉寺は当時の菩提寺です。)永泉寺は何度も火災にあいその度再建されていますが、楼門形式の山門だけは被害をほとんど受けず秋田県の指定文化財に指定されています。山門は慶応元(1865年)年に建立され、屋根は入母屋造りで千鳥破風が付いていて、2階部分に安置している釋迦三尊と十六羅漢の為の空気口の役割も果たしています。1階は左右に金剛力士像を配していて、門の天井は合天井になっています。大分痛んでいましたが、青の彩色がかなり印象的でした。門自体にも何かの古典と思われる透かし彫りがなされていて、あまりお眼に掛かれないものです。透かし彫りのデザインが同じ市内の前郷の「日枝神社」にも見て取れたのが興味深く(永泉寺のほうが堀が深く完成度は高い)感じました。その他の彫刻も繊細で、仕事をした地元本荘藩内の工人による地方の技術の高さがわかります。又、門の軸線上に「日住山」に配し、永泉寺自体の伽藍配置も考え抜かれています。本荘領三十三観音霊場第19番札所。 
住宅設計案内

|広沢寺| 玉林寺| 珠林寺| 光禅寺| 永伝寺| 宗老寺| 禅林寺| 大蔵寺| 蔵立寺| 泉秀寺| 高建寺| 慶祥寺| 恵林寺| 天徳寺| 清涼寺|
|白馬寺| 大慈寺| 常光院| 曹渓寺| 満蔵寺| てん信寺| 正洞院跡| 天寧寺| 多宝院| 龍門寺| 永泉寺| 龍源寺| トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。